ようこそ<シーエススチール>へ

 福岡の鋼材加工メーカーのシーエススチールは、

  高感度技術で21世紀の建築ニーズを変革します。

   シーエススチールは建築の可能性を無限に広げます。

 

1. 一般鋼材素材販売・二次加工

<一般鋼材素材販売> ・各種パイプ(溶融亜鉛メッキ対応品) ・耐候性鋼材 ・ステン・アルミ・ケイ素鋼板

<二次加工>

・カットT・高周波曲げ・ベンダー加工・精密切断・開先・孔明・切板・プレス

<詳細情報はこちら>

2. CS-ROLL 加工

<加工特長>

・条鋼・鋼管類やH形鋼における水平断面切断時の熱変形を矯正する独自の加工技術により、 自由なデザインと正確な穴開け切断が可能。 バーチカルロールによる冷間連続圧延機により、 熱変形を矯正する歪の無い安定した品質・精度を得て、断面設計や経済性に優れた加工が可能。

<適応素材>SS400・SM490Aスチールからステンレス・アルミまでのあらゆる素材

<適応用途>サッシュのファスナー材・建築金物・耐震用フレーム

<著 作 権>知的所有権登録第58620号(平成8年1月16日登録)

<詳細情報はこちら> <技術情報はこちら>

3. ART-CUT 加工

<加工特長>

・NC制御による型鋼・鋼管への自由なデザインと正確な穴開け切断が可能。

・H型鋼のウエブ面や溝型鋼・山形鋼・角パイプへの穴開け切断が可能。

・50パターンの基本カットデザインの中から希望の加工方法の選択が可能。

<適応素材>SS400・SM490Aスチールからステンレス・アルミまでのあらゆる素材

<適応用途>梁材のデザイン(意匠)・ハニカムビーム・モニュメント・ポール(柱の角窓)

<詳細情報はこちら> <技術情報はこちら>

4. ステンレス CE-Cut 加工

<加工特長>

・ステンレス材の加工劣化を低減させる<ステンレスCE-Cut 加工>が、 建築の可能性を無限に広げます。

・混合ガスプラズマ切断により、ステンレス材を切断する際に発生する、 切断表面の炭化層と窒化層を低減させる加工技術です。

・クリーン・エッジ加工により、ステンレス材の用途拡大と建築の経費削減に効果的です。

<適応素材>ステンレス材専用です。

<適応用途>ステンレス素材の良さを引き出します。

<技術情報はこちら>

表示サイズ  ▼縮小  標準  拡大▲

3S活動

投稿日:2021年06月05日

5月に我が社では、『3S活動』に取り組みました。
3S活動とは、“整理・整頓・清掃”する場所を時間と共にリーダーが決め、
PDCAサイクルに沿ってリーダーの指示のもとメンバーが動き、
またその結果をいかに維持していけるよう取り組むか、というものです。
最後に当日の反省点をメンバーで話し合い、次回に活かし改善していきながら
3日間かけて行っていきます。

今回の3S製造部(須恵工場)のリーダーは、昨年の新入社員にやってもらいまし た。
彼の3Sテーマは須恵工場の矯正機前の棚でした。先輩方を使いどこまでできるか、
私もメンバーの一人として協力しました。
3日間の日程内共通で、時間は1日10分。
初日は先輩方に指示を出すのに苦労していました。
問題点も多く出ましたが、日と実践を重ねるごとに成長していきました。
最終日はあまり問題点も出ず、3日間で大きく成長したと思います。
これからも3S活動は続けていきます。

3S前

3S後


新年度

投稿日:2021年05月10日

ちょっと一息、ブレイクタイム。
弊社社屋周辺の、四季折々の風景をお届けします。

4月に新年度になり新しい仲間が1名加わり、
初めての地域清掃と年1回の町内側溝清掃がありました。
弊社が粕屋に移って来て以来、近隣の方から声を掛けて頂き
町内側溝清掃に参加させて頂いています。

地域清掃で拾って来た空き缶・ペットボトルはリサイクルに出し
環境保全に少しでも貢献出来ればと微力ながらも続けております。

昨年の新入社員からたくさんの刺激を受けたように、
今年もまた新しい風を感じさせてもらえることを期待しつつ、
追い風となれるようサポートできればと思います。

そちらには、新年度どのような風が吹きましたでしょうか?
新入社員のような、爽やかな春の風が吹き抜けていれば
少しは気分も上がりそうです。




飛んでいきます

投稿日:2021年03月04日

ちょっと一息、ブレイクタイム。 弊社社屋周辺の、四季折々の風景をお届けします。

2021年 令和3年になり、 あっという間に2ヶ月が過ぎました。
コロナ渦において 我社の事務所は定期的な換気を行っています。
社長の指示のもと、工場の者が 事務所の天井より透明なシートを吊るしてくれまし た。
来社された方には検温をお願いしております。ご協力感謝致します。

1月は雪が降り、予定していた1月9日の地域清掃は1月30日に行いました。
川沿いのコースに行きましたが、風が強く寒かったです。
2月の地域清掃は、少し暖かく感じられました。
田んぼの中心の道路コースに 田んぼの中に青々とした葉が見えたので
「何か?」と思い 近づくと かつお菜(?)が栽培されています。
福岡のお正月に雑煮で頂く位で 雑煮以外の料理は何があるのでしょうか?
もう少し 歩くと白いタンポポが咲く一角に タンポポの綿毛が、風が吹けば今にも 飛んでいきそうでした。
春になり旅立ちの時が近づきます 皆様はどうでしょうか?
4月からは、我社も新入社員を迎え、新たな体制で、次のステージに向かいます。
それに向け 3月は準備する事が沢山あります。
全社員一丸となって頑張っていきます。

かつお菜は古くから福岡で作られてきたアブラナ科の葉野菜で、「高菜」の近縁種と されています。
旨みが多く含まれ、カツオの出汁が無くても美味しいという事からカツオ菜と呼ば れるようになったとも言われています。
また、漢字ではで「勝男菜」と書くことから 縁起物として正月には博多の雑煮には欠かせない野菜の一つとされてきました。




感謝の地域清掃

投稿日:2020年12月24日

ちょっと一息、ブレイクタイム。
弊社社屋周辺の、四季折々の風景をお届けします。

早いもので年の瀬となりました。
今月は、区切りという意味も込めて通常の地域清掃(ゴミ拾い)に際し
いつもよりも地域の皆様への感謝を込めて、明るく元気な挨拶を
先手で行うことと、余裕があればお邪魔にならない範囲でお話を
させて頂くという目標でやってまいりました。

朝の時間帯ということも有り、残念ながら沢山の方と
すれ違うことは出来ませんでしたが、少ないながらもご挨拶させて頂き
また、今回は弊社近くを通っております九州道の高架下を重点的に
清掃するという事が出来ました。
少しでもご恩返しになれば幸甚です。

私事ながら、私もこの地域清掃をはじめて10年以上経ちました。
もう今更目新しいこともないなと思っていたところ、
今回はじめて川の向こう岸に山羊を飼われていることに気付きまして。
これはと思って山羊さんにご挨拶をし、撮影させて頂きました。
10年通ってもまだ、知らないこともあるものですね…実に感慨深いです。
皆様の身近にも、そういった知っているようで知らなかったこと、
あるかもしれませんね。
ちょうど年の瀬で区切りの時です、少し視点を変えてもう一度
身の回りを見直すのも良いかもしれません。


雨だれポロポロ

投稿日:2020年07月11日

ちょっと一息、ブレイクタイム。

弊社社屋周辺の、四季折々の風景をお届けします。

 

まずは、この度の豪雨により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

皆様の地域ではいかがでしたでしょうか?

幸いにも弊社とその付近では目立った災害もなく、近くを流れる多々良川も

溢れることなく水位を下げつつあります。

本当に自然の驚異というのは予想もつかず、また防ぎ切ることも困難で

長きに渡り人類と共にあり、恩恵も災害も与えてくれる存在だと言えます。

 

さて、そんな雨も昨晩よりこの辺りではあがりました。

九州もまだまだ帯状の雨雲が熊本周辺を中心に横たわったままで安心はできませんが

恒例の地域清掃日に雨が上がったとなれば、やらない理由もありません。

下草に沢山の露を含んだ道をトングとゴミ袋を片手に歩きました。

落ちているゴミは水を吸って重く、また未舗装路も歩きますので

足元は露で濡れていきます。

それだけを見れば実に憂鬱になるゴミ拾いではありますが

雑草にたっぷりと乗った雫が、そこかしこでキラキラと輝いていました。

 

見方を変えれば見えてくるものが変わる事もあります。

全てが好転するとは言いませんが、好転することもあるかもしれません。

もし可能なら、憂鬱な事象も少し視点を変えてみるのはどうでしょう。

それだけで何か気持ちが楽になるなら、お得だと思いませんか?

もちろん、人に言われてどうこうなるものでも無いと思いますので

心に余裕が出来た時にでも、ちょっと試してみて下さい。

ただし、ノークレームノーリターンでお願いします。


花の名

投稿日:2020年05月09日

 

ちょっと一息、ブレイクタイム。

弊社社屋周辺の、四季折々の風景をお届けします。

確実に気温が上がりつつある今日此頃、本日もまた地域清掃に

勤しんでまいりました。

先月辺りから本格的に道端に咲く野花が増え、実に目の保養に

なってきております。

今日はそんな道端の名も知らぬ花を2つほどご紹介します。

 

まずは黄色い小さな花を咲かせる『カタバミ』。

葉が三つ葉でクローバーに似ていますが、葉に白い模様が無いので区別できます。

クローバーの花はシロツメクサですので花が咲いていれば尚わかりやすいですよね。

このカタバミ、葉っぱで10円玉を擦ると葉に含まれるショウ酸の効果で

10円玉がピカピカになるそうです。

続いてこちらはとても良く見かける『ハルノノゲシ』。

秋に咲くアキノノゲシと区別するために春とついているようですが、どちらもノゲシ。

キク科ノゲシ属の帰化植物だそうで、本当にその辺にたくさん咲いています。

花はたんぽぽ、葉はアザミに似た見た目をしており、蕾は俵型。

花が終わると綿毛もつくので、背の高いたんぽぽといったカンジです。

こうした、普段見かけても名も気にしないような野花が今たくさん咲き誇っています。

名も知られず目にも止まらずとも、ただその場所にスクスクと育ち花を咲かせる野花。

その姿はとても健気で強さを感じます。

実際雑草は強いので困ることも多いのですが…。

ともあれ、せっかく自生しているのであれば

時には少し足を止めて姿を愛でたり名前を調べてみたりというのはいかがでしょうか?

今回私は花の名前を教えてくれるアプリを使用しました。

前回の山の名前同様、アプリもたくさんありますしお暇な時にでもちょっと

調べてみると面白かったりしますので、オススメです。

自粛生活のほんの息抜きに、近場や通り道で野花の名前を探してみるのはいかがでしょう。


事務所から見えるあの山の名は

投稿日:2020年04月25日

ちょっと一息、ブレイクタイム。

弊社社屋周辺の、四季折々の風景をお届けします。

4月某日、今月も連休前のゴミ拾いと側溝の掃除をいたしました。

毎年5月の連休前に、会社前の側溝を清掃しておりますが

今年は弊社にフレッシュな新人が3名入りましたので

早速頑張ってもらいました。

 

さて、いつも同じ風景を見続けてはや15年。

書く事もなくなってきたところに丁度いいおもc…いえ、アプリを紹介してもらったので

本日はそちらを使って、いつも事務所から見えている山々を撮影してみました。

遠くに畝原山系の山々が見えていたのだと、今回はじめて理解しました。

この山々、篠栗町の鳴淵ダムから周回することが出来ますが

およそ18km程のロングコースとなっています。

あまり展望もなく、里山らしい里山といった感じで見どころは弱いのですが

自分との戦い感の強い山行コースになっています。

 

春の連休前、自粛ムードでなかなか外出もままなりませんが

時には見える風景を歩いてみる想像などで、

時間を費やしてみるというのはいかがでしょうか?

早期とはいきませんが、少しでも早いコロナの収束と

皆様のご健勝を祈念しております。

 


春は足元から

投稿日:2020年03月26日

川沿いの景色

川沿いの景色

ちょっと一息、ブレイクタイム。

弊社社屋周辺の、四季折々の風景をお届けします。

 

随分とお久しぶりな更新となってしまいました。

日々の業務に追われている間に、もうすぐ今期が終わろうとしています。

まだ日によっては肌寒い日もありますが、確実に気温は上昇しており

季節がもう春なのだと思わされます。

 

先日の地域清掃の際にも、川辺にいろいろな種類の花が咲き始めていました。

野草は名前もわからないものが多く、詳しくはわかりませんが

今日はその中から、黄色い花の野草をチョイスしてみました。

菜の花のような形をしていますが、ノガラシ属の何かでしょうか…イヌガラシ?

先月まで足元に華やかな色の花など殆ど見かけませんでしたが

こうして季節は今も巡り巡って四季を運んできてくれているようです。

 

今は新型肺炎のニュースで世界中が揺れ、不要不急の外出などは自粛傾向にありますが

せめて足元に咲いている春でも眺めつつ収束を待ってみてはいかがでしょうか。

皆様がご健勝であることを祈念しております。

 


令和元年

投稿日:2019年05月11日

令和元年初投稿になります。

ちょっと一息、ブレイクタイム。

弊社社屋周辺の、四季折々の風景をお届けします。

 

新元号にかわり、長かったGWも明け通常運行となりました。

お久し振りの投稿となりますが、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。

冬の繁忙期も明け、新年度も迎え新元号にもかわり

新しい生活が始まった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

元号は変われども弊社のルーチンワークに変わりはなく、

毎月の地域清掃(ゴミ拾い)は更新がなくとも執り行われておりました。

本日は快晴、朝から少し汗ばむようなお天気です。

今日も今日とて良い被写体は無いものかとゴミを拾いながらも物色していると

道端のアザミにてんとう虫がとまっていました。

活発に動き回りすぎるので、少しだけ花先へ移動してもらって

驚きで固まってくれている間に本日のベストショットを。

そうですね、もういい加減ネタが…無いのです…フフフ…

アザミの葉っぱは中々の攻撃力でした、はい。

今日はペットボトルゴミがとても少なく、缶ゴミが多かったように思いますが

これは一体何が影響しているのでしょう…ゴミ拾いとひとくちで言いましても

その時々で落ちているゴミも違うのですよね。

最近はコンビニ各社が出しているドリンクバー形式のカップゴミも増えました。

ちなみに私はローソンのマチカフェ派です。フルーツインティーしか飲みませんが。

 

連休明けでようやく体も通常業務に慣れてきた頃かと思います。

社会復帰おめでとうございます、次はお盆でしょうか…それまでまだ少し期間がありますが

一日一日を堅実にこなして参りましょう。

福岡地方明日は今日より暑いようですので、皆様どうぞご自愛ください。

それではまた、来月。


暑いしか感情が無い日

投稿日:2018年08月04日

ちょっと一息、ブレイクタイム。

弊社社屋周辺の、四季折々の風景をお届けします。

 

8月。

今年もまた猛暑記録を更新し続ける日本ですが

当然本日も暑い。暑い暑い。

太陽が燃えているんだなと実感できます。したいかどうかは別として。

一定の気温を超えるととりあえず暑いしか感情が沸いてこなく

なるのですが、皆様はいかがでしょうか?

考える力が外気と共に揮発したせいで語彙が乏しくなってまいります。

さて、暑い寒いも彼岸までとは昔から申しますが

そもそも既に外的環境が時代と共に変化し、昔はそうであったものの今ではそうとは限らない、

といった事は世の中には沢山出てきたように思います。

いつまでも同じではなく、変化は常に起こりそれに対応できなければ置いていかれ

やがて取り残されるか脱落するかというのは、個人でも会社でも同じなのではないでしょうか。

変化に振り回されるのではなく、折り合いをつけて行くというのも必要かと思います。

守るべきものと変えて良いもの、というのはいつかの弊社経営計画書にも載っていた文言ですが

見極める判断力と変わることへの柔軟性とを、汗とともに流してしまわないように気をつけたいものです。

ともあれ皆様、先月に続きまして今月もどうぞご自愛を。

外に出る方は特にご安全に…