ようこそ<シーエススチール>へ

 福岡の鋼材加工メーカーのシーエススチールは、

  高感度技術で21世紀の建築ニーズを変革します。

   シーエススチールは建築の可能性を無限に広げます。

 

1. 一般鋼材素材販売・二次加工

<一般鋼材素材販売> ・各種パイプ(溶融亜鉛メッキ対応品) ・耐候性鋼材 ・ステン・アルミ・ケイ素鋼板

<二次加工>

・カットT・高周波曲げ・ベンダー加工・精密切断・開先・孔明・切板・プレス

<詳細情報はこちら>

2. CS-ROLL 加工

<加工特長>

・条鋼・鋼管類やH形鋼における水平断面切断時の熱変形を矯正する独自の加工技術により、 自由なデザインと正確な穴開け切断が可能。 バーチカルロールによる冷間連続圧延機により、 熱変形を矯正する歪の無い安定した品質・精度を得て、断面設計や経済性に優れた加工が可能。

<適応素材>SS400・SM490Aスチールからステンレス・アルミまでのあらゆる素材

<適応用途>サッシュのファスナー材・建築金物・耐震用フレーム

<著 作 権>知的所有権登録第58620号(平成8年1月16日登録)

<詳細情報はこちら> <技術情報はこちら>

3. ART-CUT 加工

<加工特長>

・NC制御による型鋼・鋼管への自由なデザインと正確な穴開け切断が可能。

・H型鋼のウエブ面や溝型鋼・山形鋼・角パイプへの穴開け切断が可能。

・50パターンの基本カットデザインの中から希望の加工方法の選択が可能。

<適応素材>SS400・SM490Aスチールからステンレス・アルミまでのあらゆる素材

<適応用途>梁材のデザイン(意匠)・ハニカムビーム・モニュメント・ポール(柱の角窓)

<詳細情報はこちら> <技術情報はこちら>

4. ステンレス CE-Cut 加工

<加工特長>

・ステンレス材の加工劣化を低減させる<ステンレスCE-Cut 加工>が、 建築の可能性を無限に広げます。

・混合ガスプラズマ切断により、ステンレス材を切断する際に発生する、 切断表面の炭化層と窒化層を低減させる加工技術です。

・クリーン・エッジ加工により、ステンレス材の用途拡大と建築の経費削減に効果的です。

<適応素材>ステンレス材専用です。

<適応用途>ステンレス素材の良さを引き出します。

<技術情報はこちら>

表示サイズ  ▼縮小  標準  拡大▲

本社変更のお知らせ

投稿日:2021年03月29日

本社変更のお知らせ

拝啓 時下ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます
毎々格別のお引き立てを賜り 誠にありがとうございます
さて このたび当社は本社を下記に変更することになりましたので
謹んでご案内申し上げます

今後とも格別のご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます

2021年4月1日より

従来須恵工場→ 須恵本社として営業いたします
従来粕屋本社→ 粕屋倉庫として営業いたします

須恵本社
TEL.092-935-9950
FAX.092-935-9951

粕屋倉庫
従来どおりとなります

ご不明な点は各担当までお問い合わせください


飛んでいきます

投稿日:2021年03月04日

ちょっと一息、ブレイクタイム。 弊社社屋周辺の、四季折々の風景をお届けします。

2021年 令和3年になり、 あっという間に2ヶ月が過ぎました。
コロナ渦において 我社の事務所は定期的な換気を行っています。
社長の指示のもと、工場の者が 事務所の天井より透明なシートを吊るしてくれまし た。
来社された方には検温をお願いしております。ご協力感謝致します。

1月は雪が降り、予定していた1月9日の地域清掃は1月30日に行いました。
川沿いのコースに行きましたが、風が強く寒かったです。
2月の地域清掃は、少し暖かく感じられました。
田んぼの中心の道路コースに 田んぼの中に青々とした葉が見えたので
「何か?」と思い 近づくと かつお菜(?)が栽培されています。
福岡のお正月に雑煮で頂く位で 雑煮以外の料理は何があるのでしょうか?
もう少し 歩くと白いタンポポが咲く一角に タンポポの綿毛が、風が吹けば今にも 飛んでいきそうでした。
春になり旅立ちの時が近づきます 皆様はどうでしょうか?
4月からは、我社も新入社員を迎え、新たな体制で、次のステージに向かいます。
それに向け 3月は準備する事が沢山あります。
全社員一丸となって頑張っていきます。

かつお菜は古くから福岡で作られてきたアブラナ科の葉野菜で、「高菜」の近縁種と されています。
旨みが多く含まれ、カツオの出汁が無くても美味しいという事からカツオ菜と呼ば れるようになったとも言われています。
また、漢字ではで「勝男菜」と書くことから 縁起物として正月には博多の雑煮には欠かせない野菜の一つとされてきました。