ようこそ<シーエススチール>へ

 福岡の鋼材加工メーカーのシーエススチールは、

  高感度技術で21世紀の建築ニーズを変革します。

   シーエススチールは建築の可能性を無限に広げます。

1. 一般鋼材素材販売・二次加工

<一般鋼材素材販売>
・各種パイプ(溶融亜鉛メッキ対応品)
・耐候性鋼材
・ステン・アルミ・ケイ素鋼板

<二次加工>

・カットT・高周波曲げ・ベンダー加工・精密切断・開先・孔明・切板・プレス

<詳細情報はこちら>

2. CS-ROLL 加工

<加工特長>

・条鋼・鋼管類やH形鋼における水平断面切断時の熱変形を矯正する独自の加工技術により、
 自由なデザインと正確な穴開け切断が可能。 バーチカルロールによる冷間連続圧延機により、
 熱変形を矯正する歪の無い安定した品質・精度を得て、断面設計や経済性に優れた加工が可能。

<適応素材>SS400・SM490Aスチールからステンレス・アルミまでのあらゆる素材

<適応用途>サッシュのファスナー材・建築金物・耐震用フレーム

<著 作 権>知的所有権登録第58620号(平成8年1月16日登録)

<詳細情報はこちら>
<技術情報はこちら>

3. ART-CUT 加工

<加工特長>

・NC制御による型鋼・鋼管への自由なデザインと正確な穴開け切断が可能。

・H型鋼のウエブ面や溝型鋼・山形鋼・角パイプへの穴開け切断が可能。

・50パターンの基本カットデザインの中から希望の加工方法の選択が可能。

<適応素材>SS400・SM490Aスチールからステンレス・アルミまでのあらゆる素材

<適応用途>梁材のデザイン(意匠)・ハニカムビーム・モニュメント・ポール(柱の角窓)

<詳細情報はこちら>
<技術情報はこちら>

4. ステンレス CE-Cut 加工

<加工特長>

・ステンレス材の加工劣化を低減させる<ステンレスCE-Cut 加工>が、
 建築の可能性を無限に広げます。

・混合ガスプラズマ切断により、ステンレス材を切断する際に発生する、
 切断表面の炭化層と窒化層を低減させる加工技術です。

・クリーン・エッジ加工により、ステンレス材の用途拡大と建築の経費削減に効果的です。

<適応素材>ステンレス材専用です。

<適応用途>ステンレス素材の良さを引き出します。

<技術情報はこちら>

企業プロフィール/Corporate Profile

福岡の鋼材加工メーカーのシーエススチールは高感度技術で21世紀の建築ニーズを変革します
社  名 シーエススチール株式会社<CS Steel Co., Ltd.>
事業内容 建築鋼材素材販売・加工販売
代 表 者 代表取締役 松原照明<Teruaki Matsubara>
設  立 1992年(平成4年)4月1日
所属団体 全国鐡鋼販売業連合会
福岡鐡鋼販売業連合会
福岡県福岡市東倫理法人会
福岡県中小企業家同友会
許可取得 建設業許可 福岡県知事(般・25)第91761号
著 作 権 知的所有権登録第58620号(CS-ROLL)

新着情報/What's New

一般鋼材素材販売・二次加工

CS-ROLL 加工

一般鋼材素材販売・二次加工

建築材を中心にお客様のニーズに応える商品と知識で付加価値を提供します。

●条鋼商品(丸鋼・一般形鋼・H形鋼・C形デッキプレート)の、SS・S45C・麿棒鋼の切断・穴明けおよび開先などの二次加工にも対応が可能です。

●鋼板商品(厚板・中板・表面処理鋼板・縞鋼板・耐鋼性鋼板)の、切断・曲げ・穴明け加工などにも対応が可能です。

●番線商品(8#~12#までの25kg・50kg・100kg・500kg)を常時在庫して、一巻から対応が可能です。

●鋼管商品(STK400・STK490・耐候性パイプ・テーパーポール・STKR角パイプ)切断・ベンダー加工・穴明けなどの二次加工にも対応が可能です。

●二次加工(ベンダー加工・めっき加工・鋼板加工・形鋼加工)
・冷間・熱間(高周波)加工に対応が可能です。
・電気めっき・溶融亜鉛めっき製品の引き取りから納入まで、および小ロケット物件から大型物件まで対応が可能です。
・切板・曲げ・穴明けに対応が可能です。
・切断・開先・カットT・CSロール・アートカットに対応が可能です。

一般構造用鋼管(STK400)を中心に、定尺・精密寸法切断をメッキ対応品にて短納期対応が可能です。

<詳細情報はこちら>

CS-ROLL 加工

自由なデザインで正確に穴開け切断する<CS-ROLL 加工>が、建築の可能性を無限に広げます。

●型鋼や鋼管に、安定した品質・精度と、自由で正確なデザインで穴開け切断することが可能な当社開発の著作権加工技術です。

●従来の「カットT加工」のノウハウに改良を加えて、従来は困難と言われていた条鋼・鋼管類やH形鋼における水平断面切断時の熱変形を矯正する独自の加工技術により、自由なデザインで正確に穴開け切断することが可能です。

●また、バーチカルロールによる冷間連続圧延機により、切断時に発生する熱変形を矯正することで、歪の無い安定した品質・精度が得られますので、折曲加工よりも断面設計が優れ、溶接形鋼よりも経済性に優れた加工が可能です。

●さらに、プレーナー加工とは異なり、当社独自開発の生産ラインにより少量多品種のご注文にも即納が可能です。

●長年に亘って蓄積した加工ノウハウにより、メーカー・サイズ・素材・形状など、様々な加工条件にも対応が可能です。

※知的所有権登録第58620号(平成8年1月16日登録)著作権を取得しました。

<技術情報はこちら>

ART-CUT 加工

ステンレスCE-Cut 加工

ART-CUT 加工

自由なデザインで建築空間をアートする<ART-CUT 加工>が、建築の可能性を無限に広げます。

●コンピューターNC制御により、型鋼や鋼管を自由なデザインで正確に穴開け切断することが可能な加工技術です。

●従来のレーザー加工やプラズマ加工では困難と言われたH型鋼のウエブ面を始め、溝型鋼・山形鋼・角パイプなどへの穴開け切断加工に対応が可能です。

●エアプラズマの採用とトーチの工夫により、鋼管類へのデザインカット加工にも対応が可能です。

●50パターンの基本カットデザインの中からご希望のものが自由に選べ、加工サイズも最大16ミリまで対応が可能です。

多種多様な建築分野の目的・用途に合わせたご使用にお応えします。
潜在的なデザイン表現の追求を<ART-CUT加工>が実現します。

<技術情報はこちら>

ステンレスCE-Cut 加工

ステンレス材の加工劣化を低減させる<ステンレスCE-Cut 加工>が、建築の可能性を無限に広げます。

●混合ガスプラズマ切断により、ステンレス材を切断する際に発生する、切断表面の炭化層と窒化層を低減させる加工技術です。

●CE-Cutのクリーン・エッジ加工を使用する事でステンレス材の用途が広がり、建築費用のコストダウンにも効果的です。

<技術情報はこちら>