ようこそ<シーエススチール>へ

 福岡の鋼材加工メーカーのシーエススチールは、

  高感度技術で21世紀の建築ニーズを変革します。

   シーエススチールは建築の可能性を無限に広げます。

1. 一般鋼材素材販売・二次加工

<一般鋼材素材販売>
・各種パイプ(溶融亜鉛メッキ対応品)
・耐候性鋼材
・ステン・アルミ・ケイ素鋼板

<二次加工>

・カットT・高周波曲げ・ベンダー加工・精密切断・開先・孔明・切板・プレス

<詳細情報はこちら>

2. CS-ROLL 加工

<加工特長>

・条鋼・鋼管類やH形鋼における水平断面切断時の熱変形を矯正する独自の加工技術により、
 自由なデザインと正確な穴開け切断が可能。 バーチカルロールによる冷間連続圧延機により、
 熱変形を矯正する歪の無い安定した品質・精度を得て、断面設計や経済性に優れた加工が可能。

<適応素材>SS400・SM490Aスチールからステンレス・アルミまでのあらゆる素材

<適応用途>サッシュのファスナー材・建築金物・耐震用フレーム

<著 作 権>知的所有権登録第58620号(平成8年1月16日登録)

<詳細情報はこちら>
<技術情報はこちら>

3. ART-CUT 加工

<加工特長>

・NC制御による型鋼・鋼管への自由なデザインと正確な穴開け切断が可能。

・H型鋼のウエブ面や溝型鋼・山形鋼・角パイプへの穴開け切断が可能。

・50パターンの基本カットデザインの中から希望の加工方法の選択が可能。

<適応素材>SS400・SM490Aスチールからステンレス・アルミまでのあらゆる素材

<適応用途>梁材のデザイン(意匠)・ハニカムビーム・モニュメント・ポール(柱の角窓)

<詳細情報はこちら>
<技術情報はこちら>

4. ステンレス CE-Cut 加工

<加工特長>

・ステンレス材の加工劣化を低減させる<ステンレスCE-Cut 加工>が、
 建築の可能性を無限に広げます。

・混合ガスプラズマ切断により、ステンレス材を切断する際に発生する、
 切断表面の炭化層と窒化層を低減させる加工技術です。

・クリーン・エッジ加工により、ステンレス材の用途拡大と建築の経費削減に効果的です。

<適応素材>ステンレス材専用です。

<適応用途>ステンレス素材の良さを引き出します。

<技術情報はこちら>

表示サイズ  ▼縮小  標準  拡大▲

アートカットの施工例-6

投稿日:2010年09月08日

久しぶりの施工例のご紹介になります。

今回は、鉄材の山形鋼に長孔加工をしたものになります。

プラズマでの長孔加工、加工可能なサイズ等は
どうぞお気軽にお問い合わせください。

平成22年 7月施工例

アートカットの施工例-6

詳しくは、技術情報に掲載しております。どうぞご覧ください。


6t車が卒業しました

投稿日:2010年08月31日

3月の車両入れ替えに続いて、
長年活躍してくれていた6トントラック
今月弊社を卒業いたしました。

少しずつ社内の改変が進む中で、
またひとつ、変化が訪れました。

入れ替わりで4t車が新しく仲間に加わる予定です。

4t、2t、1tの自社トラックと、協力会社様との連携で
今後もお客様に密着した配送を心掛けて参りますので
どうぞ宜しくお願い致します!!

6t車が卒業しました


紅色の紫陽花

投稿日:2010年07月07日

ちょっと一息、ブレイクタイム

弊社社屋周辺の、四季折々の風景をお届けします。

梅雨で雨が続く中、やっと少しの晴れ間に
お気に入りの紫陽花を撮影することが出来ました。

この時期の馴染みの花である紫陽花ですが、
これまでピンク~紫系の紫陽花しか見たことが無く
写真のように赤みの強い紫陽花は、この株が初見でした。

実は去年から気になっていたのですが、今年こうして
ようやく1年越しの逢瀬を満喫できました。

皆様も何か、思い続けている小さなことはありませんか?

まずは足元の小さなことから、勧めてみるのも
良いのかもしれませんよね。

平成22年 6月某日

紅色の紫陽花


新しい2トン車が仲間入りです

投稿日:2010年04月28日

先月、長く活躍してくれていた弊社の2トントラック
新しい車両と入れ替えました。

これまでは、6トン、4トン、2トン、1トンの4台を
営業配送車として使用しておりましたが、
今期から体制を改変し、既存の6トンと1トンに加え
ニューフェイスの2トン車と、外部の運送会社様(4トン)との
連携にて、配送業務に従事しております。

今後とも、直一層のご高配を賜りますようお願い申し上げます。

平成22年 3月某日

新しい2トン車が仲間入りです


ピンクのポピー

投稿日:2010年04月23日

ちょっと一息、ブレイクタイム

弊社社屋周辺の、四季折々の風景をお届けします。

本日は雨上がりの曇り空でしたが、雫をまとった草花が
キラキラとたたずむ中に、ポピーを見つけました。

自生するポピーが田畑の脇に、ちらほらと見えます。

写真のものはピンクですが、鮮やかなオレンジ色をしたものも。

個人的には大好きな花なので、摘んでデスクに飾りました。

仕事の合間に少し手を休めて
時には、身近な草花に触れてみませんか?

平成22年 4月23日

ピンクのポピー


菜の花畑

投稿日:2010年03月17日

ちょっと一息、ブレイクタイム

弊社社屋周辺の、四季折々の風景をお届けします。

三寒四温。

三日寒い日が続いた後に、四日暖かい日が続き、
そんな寒暖を繰り返しながら、少しずつ春が近づいてきます。

撮影したのは、ご近所のステキな菜の花畑。

撮影した日はポカポカ陽気でしたが、この3日後に雪が降りました。

平成22年 3月某日

菜の花畑


2月某日 梅の花

投稿日:2010年03月17日

ちょっと一息、ブレイクタイム

弊社社屋周辺の、四季折々の風景をお届けします。

写真はご近所で満開だった梅の花。

毎月恒例の地域清掃の際に、撮影いたしました。

とても寒い朝でしたが、気持ち和む風景です。

平成22年 2月某日

2月某日 梅の花