ようこそ<シーエススチール>へ

 福岡の鋼材加工メーカーのシーエススチールは、

  高感度技術で21世紀の建築ニーズを変革します。

   シーエススチールは建築の可能性を無限に広げます。

1. 一般鋼材素材販売・二次加工

<一般鋼材素材販売>
・各種パイプ(溶融亜鉛メッキ対応品)
・耐候性鋼材
・ステン・アルミ・ケイ素鋼板

<二次加工>

・カットT・高周波曲げ・ベンダー加工・精密切断・開先・孔明・切板・プレス

<詳細情報はこちら>

2. CS-ROLL 加工

<加工特長>

・条鋼・鋼管類やH形鋼における水平断面切断時の熱変形を矯正する独自の加工技術により、
 自由なデザインと正確な穴開け切断が可能。 バーチカルロールによる冷間連続圧延機により、
 熱変形を矯正する歪の無い安定した品質・精度を得て、断面設計や経済性に優れた加工が可能。

<適応素材>SS400・SM490Aスチールからステンレス・アルミまでのあらゆる素材

<適応用途>サッシュのファスナー材・建築金物・耐震用フレーム

<著 作 権>知的所有権登録第58620号(平成8年1月16日登録)

<詳細情報はこちら>
<技術情報はこちら>

3. ART-CUT 加工

<加工特長>

・NC制御による型鋼・鋼管への自由なデザインと正確な穴開け切断が可能。

・H型鋼のウエブ面や溝型鋼・山形鋼・角パイプへの穴開け切断が可能。

・50パターンの基本カットデザインの中から希望の加工方法の選択が可能。

<適応素材>SS400・SM490Aスチールからステンレス・アルミまでのあらゆる素材

<適応用途>梁材のデザイン(意匠)・ハニカムビーム・モニュメント・ポール(柱の角窓)

<詳細情報はこちら>
<技術情報はこちら>

4. ステンレス CE-Cut 加工

<加工特長>

・ステンレス材の加工劣化を低減させる<ステンレスCE-Cut 加工>が、
 建築の可能性を無限に広げます。

・混合ガスプラズマ切断により、ステンレス材を切断する際に発生する、
 切断表面の炭化層と窒化層を低減させる加工技術です。

・クリーン・エッジ加工により、ステンレス材の用途拡大と建築の経費削減に効果的です。

<適応素材>ステンレス材専用です。

<適応用途>ステンレス素材の良さを引き出します。

<技術情報はこちら>

表示サイズ  ▼縮小  標準  拡大▲

経営指針

企業理念|mit leben

経営指針の発表会
経営指針の発表会

共尊共育

人知では、到底測り知る事が出来ない出愛で知り合った仲間同士が認め合い、支え合い、尊び合う職場とします。

私たちは鐵を通じて、付加価値を創造し私共と関わって頂いている方々や地域社会の発展と環境の保全に貢献します。

常に学ばさせて頂くという真摯な態度と、認識した事は即実践して自己革新をはかり、外部環境に適合した経営に努めます。

このような姿勢で一所懸命努力し存在価値ある企業となり、共に成長して豊かな生活を実現する事がシーエススチールの理念です。

(2009年 4月 1日 改訂)

~ 私たちは人間尊重の精神で、共に成長することを経営の基本と考えます ~

私たちの誓い 11か条|Mission Statement

今期私たちは、第26期をむかえるにあたり私たちの行動規範として、社員で11か条にまとめ“Mission Statement”として策定しました。

~ シーエススチール 私たちの誓い11か条 ~

  1. 私たちは明るい笑顔と大きな声で挨拶します
  2. 私たちは物の整理は心の整理とし感謝の心で取り組みます
  3. 私たちは新しい事へチャレンジして自己革新に努め発想豊な企業を目指します
  4. 私たちは確認を徹底して謙虚な姿勢でお客様の信頼に応えます
  5. 私たちは気づいたことをさわやかに行動し心のゆとりを持ちます
  6. 私たちは小さな約束も必ず守りあたり前の事が出来る健全な成長をします
  7. 私たちは日々自己管理に努め向上心を持って仕事にはげみます
  8. 私たちは積極的に情報を得て知識を高め自信を持って仕事をします
  9. 私たちは報告・連絡・相談を確実に行い創意と行動に反映させます
  10. 私たちはお互いに長所を認め合いチームワークで信頼の絆を育みます
  11. 私たちは環境保全に配慮し地域に必要な企業を目指します

(2018年 4月 3日 第3・10条改訂)

基本方針|basic policy

期待される企業づくり

  1. 基本(付加価値提案)
    • 鉄とステンレスの販売加工を基本とし、新素材や、新技術に積極的に取り組みます。
  2. 企業存続と発展
    • すべての利益はお客様に代金を頂いた時に発生します。
      給料・賞与もその中から頂くのですから、お客様に満足をして頂くことが、我が社の存続と発展につながります。
  3. 環境整備
    1. 【3Sの徹底】が基本です。年2回、3S週間を実施します。
  4. 安全
    1. 全ての業務は安全を最優先します
  5. オリジナル商品の特化
    • 商品の開発、技術の向上、CSロール・アートカットに加えてステンレスCEカット加工の販売に力を入れます。
  6. お客様を出発点とした企業づくり
    • 我が社の商品を利用していただくことにより、お客様の加工時間の短縮や品質が向上することを目指します。
  7. 付加価値創造
    • 我社のネットワークを活かし、価格以上に喜ばれる事を提案します

中期・長期事業計画|enterprise plan

2018年
(第27期)
  • 創業4半世紀記念旅行
  • 新卒者採用準備 取締役任命
  • 須恵工場 新型プラズマ加工機導入(プロジェクト完了)
2019年
(第28期)
  • 売上高6億5千万 経常利益2500万 社員15名
  • 第24期比年収15%アップ、自己資本比率40%
  • 社長交代発表(松原照明62歳)
2020年
(第29期)
  • 施工管理・鋼材・鋼管販売会社設立登記
  • 新卒者採用2名、社内より取締役1名任命
  • 第9次3ヶ年計画 多様性と統合の継承(仮)開始
2021年
(第30期)
  • 第30期経営計画発表会・コミュニティを交えて開催
  • 須恵に本社移転、鉄鋼販売会社福岡市に事務所、倉庫移転
  • 理念経営をコミュニティーはじめ全国に発信
2022年
(第31期)
  • 総業30周年記念セレモニー開催
  • 社史発刊、構成に創業の精神伝授
  • 高炉メーカーOEM認定工場、CSロール全国販売

第8次 3ヵ年計画|enterprise plan

~ 理念伝導と3つの目全社運動 ~

大転換期に第二創業期に挑む心持ちを全社員が共有して実践し、誰でも対応できる

組織づくりを目指す。

コミュニティから必要とされる「共尊共育」の実現を目指し堅実に取組みましょう。

 

年(期) テーマ 重点課題
2017年(第26期) 継続・鳥 理念伝導 自己育成 俯(鳥)瞰
2018年(第27期) 原点・虫 付加価値 自 律 複 眼
2019年(第28期) 発展・魚 感 動 研究・学習 情 報

今年度のテーマは「継続・虫の眼」です。あらゆる問題の真因を探して対策を
取り各自が自立に取り組んで付加価値を創造して今期目標を達成しましょう。

(PDCA サイクル+理念)×付加価値、感動=成果、実績

・いつ 2017年4月1日から 2020年3月31日まで
・誰が 社長以下全社員
・どのように 活力朝礼(準備体操)、個人目標設定、進捗管理、部門会議
・なぜ 3つの目を養い、あらゆる問題に対応できるようになるため
・予算 第26期 300,000円  研修費、諸手当、経費

第27期 400,000円

第28期 500,000円

経営計画発表会風景|management plan publication

第20回 経営計画発表会風景
経営計画発表会風景


~ シーエススチールは建築の可能性を無限に広げます ~