ようこそ<シーエススチール>へ

 福岡の鋼材加工メーカーのシーエススチールは、

  高感度技術で21世紀の建築ニーズを変革します。

   シーエススチールは建築の可能性を無限に広げます。

1. 一般鋼材素材販売・二次加工

<一般鋼材素材販売>
・各種パイプ(溶融亜鉛メッキ対応品)
・耐候性鋼材
・ステン・アルミ・ケイ素鋼板

<二次加工>

・カットT・高周波曲げ・ベンダー加工・精密切断・開先・孔明・切板・プレス

<詳細情報はこちら>

2. CS-ROLL 加工

<加工特長>

・条鋼・鋼管類やH形鋼における水平断面切断時の熱変形を矯正する独自の加工技術により、
 自由なデザインと正確な穴開け切断が可能。 バーチカルロールによる冷間連続圧延機により、
 熱変形を矯正する歪の無い安定した品質・精度を得て、断面設計や経済性に優れた加工が可能。

<適応素材>SS400・SM490Aスチールからステンレス・アルミまでのあらゆる素材

<適応用途>サッシュのファスナー材・建築金物・耐震用フレーム

<著 作 権>知的所有権登録第58620号(平成8年1月16日登録)

<詳細情報はこちら>
<技術情報はこちら>

3. ART-CUT 加工

<加工特長>

・NC制御による型鋼・鋼管への自由なデザインと正確な穴開け切断が可能。

・H型鋼のウエブ面や溝型鋼・山形鋼・角パイプへの穴開け切断が可能。

・50パターンの基本カットデザインの中から希望の加工方法の選択が可能。

<適応素材>SS400・SM490Aスチールからステンレス・アルミまでのあらゆる素材

<適応用途>梁材のデザイン(意匠)・ハニカムビーム・モニュメント・ポール(柱の角窓)

<詳細情報はこちら>
<技術情報はこちら>

4. ステンレス CE-Cut 加工

<加工特長>

・ステンレス材の加工劣化を低減させる<ステンレスCE-Cut 加工>が、
 建築の可能性を無限に広げます。

・混合ガスプラズマ切断により、ステンレス材を切断する際に発生する、
 切断表面の炭化層と窒化層を低減させる加工技術です。

・クリーン・エッジ加工により、ステンレス材の用途拡大と建築の経費削減に効果的です。

<適応素材>ステンレス材専用です。

<適応用途>ステンレス素材の良さを引き出します。

<技術情報はこちら>

表示サイズ  ▼縮小  標準  拡大▲

省資源化

●弊社では、毎月の地域清掃と平行してゴミの分別を徹底しています。 省資源化 -02
省資源化-03 ●事務所内では、紙類の分別です。写真はコピー用紙(裏紙)やチラシ、新聞等。コピー用紙は、裏紙として社内でリサイクルします。
●その下の棚には、封筒や菓子箱などの厚紙や包装紙などを分別しています。 省資源化-04
省資源化-05 ●事務所の裏口には、4つのポリタンク。上段に燃えるごみと缶瓶を収容しています。
●下の段には、ペットボトルと燃えないごみを分別しています。 省資源化-06
省資源化活動-03 ●工場の中にも、ビニールに詰めたペットボトルとシュレッダー屑。この他にも、ダンボールも工場内にて待機。これらは毎月1回、リサイクル可能な物は古紙業者に持ち込みます。
●工場内の自動販売機脇には、ドラム缶がふたつ。それぞれ、アルミ缶とスチール缶で分別し、スクラップ業者に引き取っていただいています。こうして分別・リサイクルされたゴミ類は毎月種類別に重量にて集計し、社内会議にて報告をしています。 省資源化-04
省資源化-05 ●ちなみにこれは、弊社近くの橋に咲いたコスモス。弊社園芸担当(?!)の工場長の作品です。「川沿いにコスモスロードを作るぞ」だそう。楽しみです(笑)
●分別したゴミを種類別に集計してから、紙はリサイクル量記録表にデータを入れていき 、こうして事務所の環境掲示板に貼り出しています。「古紙1トンを再生すれば高さ8m、直径14cmの樹木20本を守ることができる」とのことで、昨年度は401.5kgを回収しリサイクルしました。これで約8本の樹木を伐採せず育てたことになるそうです。今後も資源の活用とCO2排出量削減の為にリサイクル活動を続けていきたいと思っています。 省資源化-06

※2002年開始から15年間で『124本』分になりました。


~ シーエススチールは建築の可能性を無限に広げます ~