ようこそ<シーエススチール>へ

 福岡の鋼材加工メーカーのシーエススチールは、

  高感度技術で21世紀の建築ニーズを変革します。

   シーエススチールは建築の可能性を無限に広げます。

1. 一般鋼材素材販売・二次加工

<一般鋼材素材販売>
・各種パイプ(溶融亜鉛メッキ対応品)
・耐候性鋼材
・ステン・アルミ・ケイ素鋼板

<二次加工>

・カットT・高周波曲げ・ベンダー加工・精密切断・開先・孔明・切板・プレス

<詳細情報はこちら>

2. CS-ROLL 加工

<加工特長>

・条鋼・鋼管類やH形鋼における水平断面切断時の熱変形を矯正する独自の加工技術により、
 自由なデザインと正確な穴開け切断が可能。 バーチカルロールによる冷間連続圧延機により、
 熱変形を矯正する歪の無い安定した品質・精度を得て、断面設計や経済性に優れた加工が可能。

<適応素材>SS400・SM490Aスチールからステンレス・アルミまでのあらゆる素材

<適応用途>サッシュのファスナー材・建築金物・耐震用フレーム

<著 作 権>知的所有権登録第58620号(平成8年1月16日登録)

<詳細情報はこちら>
<技術情報はこちら>

3. ART-CUT 加工

<加工特長>

・NC制御による型鋼・鋼管への自由なデザインと正確な穴開け切断が可能。

・H型鋼のウエブ面や溝型鋼・山形鋼・角パイプへの穴開け切断が可能。

・50パターンの基本カットデザインの中から希望の加工方法の選択が可能。

<適応素材>SS400・SM490Aスチールからステンレス・アルミまでのあらゆる素材

<適応用途>梁材のデザイン(意匠)・ハニカムビーム・モニュメント・ポール(柱の角窓)

<詳細情報はこちら>
<技術情報はこちら>

4. ステンレス CE-Cut 加工

<加工特長>

・ステンレス材の加工劣化を低減させる<ステンレスCE-Cut 加工>が、
 建築の可能性を無限に広げます。

・混合ガスプラズマ切断により、ステンレス材を切断する際に発生する、
 切断表面の炭化層と窒化層を低減させる加工技術です。

・クリーン・エッジ加工により、ステンレス材の用途拡大と建築の経費削減に効果的です。

<適応素材>ステンレス材専用です。

<適応用途>ステンレス素材の良さを引き出します。

<技術情報はこちら>

表示サイズ  ▼縮小  標準  拡大▲

会社案内

はじめに

社名の由来

 シーエススチール(CS-Steel)と言う社名は、当社のオリジナル加工技術であるCSロール(Cutting Shapes Split Roll)からのネーミングであり、またC(Customer’s:お客様)と、S(Satisfied:ご満足)と、Steel(鉄)を組み合わせたものです。

 当社は一般鋼材の販売・加工をはじめカットT加工メーカーとして発足いたしました。
近年、建築の技術進歩は目を見張るものがあります。従来では、駆体鉄骨材を隠していたのを逆に、鉄(素材)の特性を活かしたデザインとして使用される建築物が各地で多く見られるようになりました。今後も鋼製仕様において意匠(デザイン)性に富んだ多様な加工ニーズが求められています。
我が社もそれらの加工ニーズに応えるべく、技術研究を重ねて参りました結果、「CSロール」・「アートカット」そして「CE-Cut」の開発に結実しました。
今後もお客様に満足していただけますよう、社員一丸となって鋭意・努力を重ねて参ります。

会社概要

社名 シーエススチール株式会社
本社:所在地 〒811-2302 福岡県糟屋郡粕屋町大字大隈707-7
本社:Tel 092-939-1110
本社:Fax 092-939-1115
須恵工場:所在地 〒811-2112 福岡県糟屋郡須惠町大字植木157-2
須恵工場:Tel 092-935-9950
須恵工場:Fax 092-935-9951
Mail シーエススチール株式会社の代表メールアドレス
代表者 代表取締役 松原 照明
設立 1992年4月
資本金 2500万円
決算期 三月(年1回)
取引銀行 福岡銀行 粕屋支店
西日本シティ銀行 天神支店
佐賀共栄銀行 福岡支店
所属団体 全国鐡鋼販売業連合会
福岡鐡鋼販売業連合会
福岡県福岡市東倫理法人会
福岡県中小企業家同友会

会社沿革

1992年 一般鋼材の販売及びCSロール製造販売業務を主としてシーエススチール有限会社を設立
1993年 メッキ対応用STKを取り扱い、九州一円に販路拡大
1995年 CPCプラント工事(電源開発)等を受注し、多くの工事物件を手掛ける
1996年 資本金を1000万円に増資。社名をシーエススチール株式会社に改称
社屋を粕屋郡粕屋町に新築移転
CSロール著作権取得
1997年 CSロール全国販売開始
CSロール新型切断機及び矯正機を導入
1998年 アートカットライン新設
鉄鋼造物工事業(県知事許可)取得
1999年 CS21(21世紀型企業づくり)スタート
2000年 長崎浜町アーケードをはじめ多くの物件にアートカット採用される
アラヤ特殊鋼北関東ステンレスセンター(埼玉)で各メーカーと共に展示会に出展
2002年 ISO14001を取得
2003年 ステンレス加工工場オープン
新加工「CE-cut(クリーンエッジカット)」販売開始
2005年 付加価値創造運動(第4次3ヵ年計画)
2007年 創立15周年 第16期経営計画発表会
2008年 共環(わかち合い)プロジェクト(第5次3ヵ年計画)
2011年 適応・調和こそ継続なり(第6次3ヵ年計画)
2012年 創立20周年 第21期経営計画発表会、感謝・音楽の夕べ開催
2014年 第20回経営計画発表会
2015年 新型形鋼矯正機を導入
経営革新計画承認(福岡県 承認番号:第4775号)
2016年 須恵工場新設稼働

<新型矯正機>
新型矯正機

<第20回経営計画発表会>
第20回経営計画発表会

<須恵工場外観>
須恵工場外観

<須恵工場玄関>
須恵工場玄関

周辺概略地図

周辺地図

アクセスMAP


~ シーエススチールは建築の可能性を無限に広げます ~