ようこそ<シーエススチール>へ

 福岡の鋼材加工メーカーのシーエススチールは、

  高感度技術で21世紀の建築ニーズを変革します。

   シーエススチールは建築の可能性を無限に広げます。

1. 一般鋼材素材販売・二次加工

<一般鋼材素材販売>
・各種パイプ(溶融亜鉛メッキ対応品)
・耐候性鋼材
・ステン・アルミ・ケイ素鋼板

<二次加工>

・カットT・高周波曲げ・ベンダー加工・精密切断・開先・孔明・切板・プレス

<詳細情報はこちら>

2. CS-ROLL 加工

<加工特長>

・条鋼・鋼管類やH形鋼における水平断面切断時の熱変形を矯正する独自の加工技術により、
 自由なデザインと正確な穴開け切断が可能。 バーチカルロールによる冷間連続圧延機により、
 熱変形を矯正する歪の無い安定した品質・精度を得て、断面設計や経済性に優れた加工が可能。

<適応素材>SS400・SM490Aスチールからステンレス・アルミまでのあらゆる素材

<適応用途>サッシュのファスナー材・建築金物・耐震用フレーム

<著 作 権>知的所有権登録第58620号(平成8年1月16日登録)

<詳細情報はこちら>
<技術情報はこちら>

3. ART-CUT 加工

<加工特長>

・NC制御による型鋼・鋼管への自由なデザインと正確な穴開け切断が可能。

・H型鋼のウエブ面や溝型鋼・山形鋼・角パイプへの穴開け切断が可能。

・50パターンの基本カットデザインの中から希望の加工方法の選択が可能。

<適応素材>SS400・SM490Aスチールからステンレス・アルミまでのあらゆる素材

<適応用途>梁材のデザイン(意匠)・ハニカムビーム・モニュメント・ポール(柱の角窓)

<詳細情報はこちら>
<技術情報はこちら>

4. ステンレス CE-Cut 加工

<加工特長>

・ステンレス材の加工劣化を低減させる<ステンレスCE-Cut 加工>が、
 建築の可能性を無限に広げます。

・混合ガスプラズマ切断により、ステンレス材を切断する際に発生する、
 切断表面の炭化層と窒化層を低減させる加工技術です。

・クリーン・エッジ加工により、ステンレス材の用途拡大と建築の経費削減に効果的です。

<適応素材>ステンレス材専用です。

<適応用途>ステンレス素材の良さを引き出します。

<技術情報はこちら>

表示サイズ  ▼縮小  標準  拡大▲

側溝登り

投稿日:2016年06月18日

IMG_0937

ちょっと一息、ブレイクタイム。

弊社社屋周辺の、四季折々の風景をお届けします。

 

暫く振りとなりました、お久し振りです。

春も過ぎ梅雨に入りましたがいかがお過ごしでしょうか。

今年は空梅雨なのか、まだまだ雨が足らないようですが

皆様のお住まい地域ではいかがですか?

 

梅雨まっただ中の本日のゴミ拾い、おかげ様(?)で晴天に恵まれまして

雨に濡れること無く行うことが出来ました。

弊社近くに丸山という低い山があるのですが、その麓の側溝の一部に

鯉が泳いでおりまして、今日も元気に水流に逆らって泳いでおりました。

暫く見ない間に、小さな鯉が随分増えているようで

とても賑やかにもなっており、大変微笑ましく眺める事が出来ました。

 

さてこの丸山、福岡県のホームページによりますと

お城があったという言い伝えがあるそうです。

 

丸山城(まるやまじょう)の堀

大隈区に所在する丸山には、城が築かれていたと伝えられています。ちく城の年代は定かではありませんが、筑前国の守護大内氏の家臣「杉連並」(すぎつれなみ)の城であったことが記録からわかっています。
現在でも頂上には、15間(約800平方メートル)ほどの平地があり、その周囲には防衛のため、深さ2メートルほどの堀が二重に巡っています。
古い記録では、頂上付近に城主であった杉氏の墓があったと記されていますが、現在では全く残されていません。
なお、この丸山城には、黒殿姫(くろどのひめ)にまつわる民話も残されています。

福岡県粕屋町公式ウェブサイトより抜粋

 

ひょっとしたら、古のお城にも鯉が飼われていたのかもしれませんね。

時にはこうして地域の歴史に振れてみるのも、発見があるかもしれません。